ライブチャットのメリットとリスク

 顔を出すということがライブチャットのメリットであれデメリットであるといえます。
 話す相手の顔がわかるということは安心にも繋がるわけです。ネットでの繋がりは基本文字だけの情報で、後は想像力を働かせるしかないわけです。それが映像として見られるわけですから、想像をしなくても良いということになるわけです。それに、会話は顔を見ながらのほうが盛り上がるというものです。
 電話やメールで友達と盛り上れるのは、相手の姿をリアルにイメージできる関係だから成り立つわけです。それが出来ない関係の場合、どこかに不安を持つことにもなるでしょう。ですから、ライブチャットは望ましいコミュニケーションという事に成るわけです。
 しかし、それはイメージに近い相手であった場合です。そうではなかったような場合、顔を見たことを後悔するということにもなるでしょう。もちろんそれが早くわかるということで、関係を解消するという選択を出来ると言うこともできますが、知られたくない相手に個人情報を知られてしまうという危険性も同時にあるというわけです。
 顔がわかったからといって個人を直ぐには特定できないでしょうが、元々知り合いだったというような場合もあれば、どこかで出会う可能性もあるわけですからね。リスクはあるというわけです。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP